古庄玄知弁護士

[経 歴]
  昭和51年  3月  大分県立杵築高等学校 卒業
  昭和55年  3月  早稲田大学法学部 卒業(奥島孝康ゼミ出身)
  昭和57年10月  司法試験合格
  昭和58年  4月~ 同60年3月  第37期司法修習生

 [公 職]  (任期終了分も含む)
   弁護士登録・開業(大分県弁護士会所属)
   大分県弁護士会副 会長
   九州弁護士連合会 理事
   (財)暴力追放大分県民会議専門相談員
   大分市産業廃棄物審査会 委員
   大分市入札監視委員会 会長
   別府大学講師
   大分朝日放送コメンテーター
   日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員
   大分県公害審査会 会長
   大分県弁護士会 会長
   日本弁護士連合会常務理事
   九州弁護士連合会常任理事
   大分県公益通報外部窓口
  など

仕事をするうえでのモットー
(1)迅速な処理をめざす
いくら、正しい解決でも、時機を失しては意味がありません。「鉄は熱いうちに打て。」の諺がある如く、早期の、かつ、適切なる解決を心掛けています。

(2)妥当な着地点を見つける
争いである以上、勝つことは必要です。しかし、結果さえ良ければいいということではありません。適正かつ妥当な解決でなければ、争いに勝っても、人間として失格の烙印を押されてしまいます。

(3)依頼者とともに戦い、泣く
人間は感情の動物です。争いの根底には感情が必ず存在します。依頼者の立場に立ち、紛争の解決をめざします。

趣 味
登山     
多い時は、1年間に20回ほど登りました。由布岳には既に20回ほど登っています。
       主に、久住山系が中心です。
歌      休眠状態です。聴いたらビックリ・・・?!
ウォーキング 自宅から事務所まで、毎朝45分間ウォーキングしています。
映画鑑賞   新作、旧作問わず観ています。この頃のハリウッド映画は輝きに欠けている気がします。

弁護士は「振付師」
弁護士の能力によって勝敗が左右されることは当然にあります。しかし、弁護士はあくまでも振付をするだけであり、舞台の上で演技をするのは、あくまでも当事者である貴方自身です。いくら振付が良くても、演技者がダメでは、観客の心は打ちません。
弁護士と依頼者は「車の両輪」

弁護士と依頼者とは車の両輪のようなものです。片方だけではうまく行きません。
協力し、信頼し合ってこそ前に進んでいくのです。

好きな言葉

「為せば成る。」