トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク


Q&A
罫線line-title
不倫関係を原因とする慰謝料請求について

質問 
tensen

私は夫と結婚して15年になりますが、夫が勤務先の部下である若い女性社員と、ここ2年間不倫関係にあったことが分かりました。そこで、私は慰謝料を請求しようと思いますが、夫と不倫相手である女性社員のどちらに対して請求することができるのでしょうか。また、慰謝料の金額につき相場などはあるのでしょうか。

tensen

回答
tensen

民法上明記はされていませんが、婚姻関係にある者は互いに他方配偶者に対して、貞操義務をはじめとする夫婦関係を円満にするための各種義務を負っていますので、質問のように、夫が不倫関係をもった場合には、妻はこれにより精神的な苦痛を被ったとして、不法行為に基づく慰謝料請求権を有します。

では、妻は、夫と不倫相手のどちらに対して、慰謝料を請求できるのでしょうか。
妻は、夫ないし不倫相手のどちらか一方にだけ慰謝料請求することもできますし、両者に対して慰謝料請求することもできます。
請求の相手方を誰とするかはあくまで妻の自由です。しかし仮に妻が両者に対して請求した場合であっても、それぞれから慰謝料を二重取りできるわけではありません。
例えば慰謝料総額が2百万円の場合、妻は夫と不倫相手から合計2百万円を受け取ることができるだけにすぎません。もし妻が夫から2百万円を受け取れば、不倫相手からは一銭も受け取れませんし、また、妻が夫から百万円受け取れば、妻は残りの百万円を不倫相手から受け取るか、更に追加で夫から百万円を受け取ることになります。
つぎに慰謝料の具体的な金額は、婚姻期間の長短、不倫関係後の離婚の有無、有責配偶者の帰責性の程度、夫婦の共有財産の総額など、様々な事情を考慮して個々の事案ごとに決定されるため、一律にいくらと断定できません。ただし、一般的には裁判により認められた慰謝料の金額は、50万円から4百万円の間が比較的多いと言われていますが、あくまで目安にすぎないため、必ず2百万円が認定されるわけではないことは十分にご注意ください。

最後に夫が不倫関係をもった場合であっても、妻が慰謝料請求できないケースをお伝えします。
夫が不倫関係をもった以前から、すでに夫婦関係が実質的に破錠し、妻と夫は単に戸籍上だけの関係にすぎないような場合には、妻は夫の不倫によって精神的苦痛を被ったとは評価できないことから、慰謝料請求は認められません。
また夫が不倫相手に対し結婚を隠して不倫関係をもち、かつ不倫相手が婚姻の事実を過失なく知らなかった場合、不倫相手に対して、慰謝料請求をすることはできません。なお、このケースでも、当然ながら夫に対しては慰謝料請求することは可能でしょう。

tensen
 ≪財産分与について 離婚の不受理申出制度について≫ 
離婚のご相談のページへ
Q&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


TOPページへ

杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分
携帯QRコード
携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved