トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク


Q&A
罫線line-title
生活費請求について

質問
tensen

夫が愛人をつくり別居して1年になります。子供がいるので離婚はしたくないのですが、ここ数ヶ月生活費を入れてくれません。生活費を出してもらうにはどうしたらいいでしょうか?

tensen

回答
tensen

民法760条は「夫婦は、その資産・収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」と定めています。婚姻から生ずる費用とは、日常の生活費、衣食住の費用、医療費、交際費等の他、子供の養育費も含まれます。婚姻中、経済力がある配偶者は他方の配偶者に必要な生活費などを渡さなければならず、経済力に劣る配偶者もそれを要求する権利があります。つまり、法的な夫婦関係が成立している間は、経済力のある配偶者は、他方の配偶者に自らと同等の生活レベルを保持させなければならないのです。

本件でも、夫の方があなたよりも多く収入を得ているのであれば、夫に生活費の支払いを請求する権利があります。もし、夫が生活費の支払いに応じなければ、家庭裁判所に「婚姻費用分担の調停」という手続きを申し立てることができます。調停とは、裁判官と一般市民から選ばれた2名以上の調停委員で組織された調停委員会の関与の下、紛争の当事者間で話し合いを行うという手続きです。その調停という手続きの中で話がまとまらない場合には、最終的に裁判所が「毎月いくら支払え」と審判で命ずることになります。この審判には強制力があり、夫が調停や審判で決まった金額を支払わないときは、給料など夫の財産を差し押さえることも可能です。

支払金額は主に双方の収入、未成年の子供の数・年齢を考慮して決められますが、婚姻費用分担額の算定表があり、容易に一応の金額を確認することができます。
審判が出るまでには通常相当の日数がかかりますので、差し迫った必要があれば、審判前でも、とりあえず応分の生活費を支払えとの仮処分を裁判所に求めることもできます。

円満な家庭生活を取り戻すために第三者を入れて話し合いたいというお気持ちがあれば、併行して夫婦関係調整という調停の申し立てをすることもできます。調停委員が夫婦双方から話を聞き、問題点を探り、双方に解決のための助言をする形で手続きが行われます。
なお、不貞関係にある愛人に対しては、夫と離婚していなくても慰謝料請求をすることが可能です。

tensen
 ≪離婚取り決めについて 離婚について≫ 
離婚のご相談のページへ
離婚に関するQ&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


TOPページへ


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分
携帯QRコード
携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved