TEL

古庄総合法律事務所

相続のご相談

相続について

相続手続とは、被相続人(亡くなられた方)が残した財産(「遺産」といいます)を、相続人が承継する手続のことです。(民法第882条以下)被相続人が、生前に遺産を第三者に譲る内容の遺言書などを作成していない限り、原則、法律で定められた人が相続人となります(「法定相続人」といいます)。また、法定相続人が遺産を承継する割合のことを、相続分といいます。

相続人の間で、遺産の分け方について協議することを、「遺産分割協議」といいます。遺産をどのように分けるかは基本的に相続人の自由です。相続人間で合意ができれば、法律で定められた相続分と異なる遺産分割ができます。

しかし、相続人の間で協議が調わない場合は、最終的には家庭裁判所へ「遺産分割調停」を提起する必要があります。
その調停において、相続人間で遺産の分け方について話し合いがなされ、合意ができれば調停が成立します。もし遺産分割調停で相続人の間で合意ができなければ、裁判所が強制的に遺産の分け方を決めることになります(「審判」という手続になります)。

弁護士に手続を依頼する場合、当事者間で協議している時点で弁護士が交渉の代理人を務めることもありますし、当事者間で話し合うことが困難な場合は遺産分割調停の代理人を務めることもあります。

なお、被相続人が遺言書を残しているかどうかにより、相続手続や内容が大きく異なってきます。
遺言の制度については別に説明します。

法定相続人の範囲

相続手続きに関する各制度

遺言について

アクセス