TEL

古庄総合法律事務所

離婚のご相談

離婚の手続

離婚をする場合の手続は、大きく2つに分けることができます。
ひとつは、夫婦間の話し合いで離婚をする場合で、「協議離婚」といいます。
もうひとつは、裁判所の手続により離婚をする場合です。主なものに、調停手続で離婚する「調停離婚」や、離婚訴訟により離婚する「裁判離婚」などがあります。

どの手続によるかは、次の①から③の順に検討することになります。

STEP1 詳細を見る

離婚することの合意ができた場合(離婚時の条件も合意)

離婚届を市役所に提出して、協議離婚が成立します

STEP2 詳細を見る

ア)離婚することの合意ができない場合

イ)離婚することの合意はできたが、離婚時の条件について合意できない場合

離婚を希望する当事者が,家庭裁判所へ離婚調停の申立てを行う必要があります。

STEP3 詳細を見る

離婚調停で離婚の合意ができなかった場合

調停は不成立となり,離婚を希望する当事者が家庭裁判所へ離婚訴訟を提起する必要があります。

離婚する際に決めておくこと

弁護士に依頼する時期

アクセス