トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



遺言書がある場合の遺産分割




先日父が亡くなり、家族で父の遺産について話をしています。私は知らなかったのですが、父は遺言書を残していたそうで、後日、遺言書の内容を皆で確認することになっています。父は亡くなる直前まで兄夫婦と一緒に暮らしており、もしかすると兄は遺言書の内容を知っているかもしれません。今後どのような手続となるのか、また、もし遺言書の内容に納得ができない場合はどうすればよいのか教えてください。







遺産の分け方について相続人間で協議する際、まず、遺言書が存在するかを確認する必要があります。というのも、遺言書が存在しなければ民法の規定に基づいて遺産を分けることになりますが、遺産の分け方について記載のある遺言書が存在する場合、民法の規定よりも遺言書の記載内容が優先されるからです(遺留分という制度はあります)。本件では遺言書が存在するとのことですので、つぎに、その遺言書がお父様自身で作成された自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所で検認手続をとり、遺言書の内容を裁判所で確認する必要があります。ただし、遺言書が公証人役場で作成された公正証書遺言の場合、検認は不要です(民法1004条)。遺言書の記載内容を確認したところ内容に納得できない、という場合、遺言書が有効なものか否かを検討する必要があります。遺言書が無効になる主な場合は、@必要な形式を備えていない場合、A遺言の内容が遺言者の真意に基づかない場合、が考えられます。@については、遺言書は民法の形式通りに作成しなければ効力がなく、例えば、自筆証書遺言にもかかわらず自筆の作成日や氏名の記載がない場合などは無効となります。また、Aについては、遺言書が作成された当時、例えば、遺言書を作成した方が重い精神疾患に罹患している等で、遺言書の内容を理解して作成する能力が備わっていなかった場合、遺言書が無効となる場合があります。相談者の方の場合も、記載内容に納得ができない場合は、遺言書が無効となる理由があるか確認する必要があり、遺言書が無効の場合は民法の規定に基づいて遺産を分けることになります。なお、遺言書に遺産の分け方が記載されていたとしても、相続人全員の同意があれば記載内容とは別の分け方をすることは可能ですので、まずは相続人間の話し合いで解決ができないか検討してはどうでしょうか。






 ≪遺言書の開封についてA

相続のご相談のページへ
相続問題Q&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)  地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分 

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分  

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved