トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク


Q&A
金銭の貸借について

質問 


先日、友人から300万円貸してほしいと頼まれました。付き合いも長く、信用できる友人なのですが、金額も大きく、まったく不安がないわけではありません。お金を貸すにあたり、どのようなことに気をつけないといけないのでしょうか。




回答


信用できる友人といっても、300万円もの大金を貸すことには大変不安もあることでしょう。お金を貸すにあたっては次のことに気を付けるとよいでしょう。

相手に返済能力があるか
貸す相手方が信用でき、誠実な人物であるとしても、実際に相手方に返済能力がなければ、貸したお金を返してもらうことはできません。お金を貸すにあたっては相手の収入や相手名義の不動産があるかどうかを確認しておくべきです。仮に相手に資力がなく、相手の親に十分な資力があったとしても、借主でない親には返済義務は発生しないので、返済能力の有無は借主自身を基準に判断するべきです。

返済時期、返済方法を決める
相手に資力があり、お金を貸すと決めたら、次に返済時期、返済方法を決める必要があります。今回のケースでは、300万円を一括で返してもらうのか、それとも10万円の30回払いというように分割で返してもらうのかを決めておきましょう。そして、返還の時期についても決めておく必要があります。なお、利息をとる場合には利率や利息の支払方法についても決めておくとよいでしょう。

借用書の作成
今回のケースでは大丈夫かもしれませんが、借主がお金を返さない場合もよくあるものです。そのような場合に備えて、借用書を作っておきましょう。相手が任意に返さない場合は、裁判することになりますが、裁判では自分の言い分を裏付けるための証拠が必要となってきます。借用書はまさに重要な証拠となりますので、金額の大きい今回のようなケースでは、借用書は必ず作るようにしましょう。

保証人など
今回のケースは、貸金が300万円という大きな金額です。相手方がお金を返さない場合に備えて、資力がある人を連帯保証人としたり、相手の不動産に抵当権を設定することも考えておくべきでしょう。




隣地に関わる法廷紛争について≫ 
Q&A その他TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分
携帯QRコード
携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved