トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



遺言書の開封についてA

 


先日、父が亡くなりました。父の部屋の掃除をしていると遺言書が出てきました。すぐに開封してもよいのでしょうか。







遺言書を発見しても、勝手に開封してはいけません。遺言書の保管者や保管者がいない場合に遺言書を発見した相続人は、その遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならないとされています(民法第1004条第1項)。これは、遺言書の内容が変造されたり、遺言書自体が紛失しないようにするためです。この手段を遺言書の検認といいます。

また、遺言書に封がなされているときは、勝手に開封することが禁じられており、検認の手続のなかで開封されます。具体的にいうと、封印されている遺言書は、家庭裁判所において、相続人又はその代理人の立会がなければ、開封することができません(民法第1004条第3項)。

もっとも、検認の手続はその遺言が有効か無効かといった効力に関する判断をするもではなく、書面の存在とそれに書かれている内容を検証するもので、遺言の紛失や内容の改ざんを防止することが目的となっています。遺言者が書いたものではないとか、遺言者が正常な判断能力がない状態で書いたとして無効を主張する場合には、別途訴訟手続をする必要があります。



 ≪遺言書の開封について@ 遺言書がある場合の遺産分割≫ 
相続のご相談のページへ
Q&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)  地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分 

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分  

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved