・離婚・相続・借金・負債


トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク


Q&A
動物病院との契約と発生する責任について

質問 


10年以上飼っていた犬の体調が悪そうだったので、動物病院で診てもらいました。医者から特に異常はないと説明されたので自宅に連れて帰りましたが、体調は回復しないまま、3日後に亡くなってしまいました。動物病院に何か責任は生じないのでしょうか。



回答


(動物病院との契約内容)

あなたは、動物病院との間で、ペットを治療してもらうという契約を結んでいます。
したがって、動物病院には、あなたの犬を適切に治療する法的義務が発生していますし、また、医療方法について適切に説明する法的義務も発生しています。

(動物病院に発生する責任)
そして、動物病院が、そのような法的義務に違反した治療を行なった場合、動物病院には義務違反に基づく責任が発生します(この責任を「債務不履行責任」といいます。また、事案によっては「不法行為責任」という別の責任も生じます)。逆に言えば、そのような義務違反がないと、結果的にペットが死亡したとしても、動物病院に法的責任は発生しません。
どのような場合に治療義務違反や説明義務違反が認められるかは、基本的には、病状など各事案の事情に照らして、獣医師会の一般的な医療水準に基づく治療等がなされたか否かで判断します。
過去の裁判例には、腫瘍の切除手術を行なったところ、術後の病理組織検査により腫瘍が実は肉腫(悪性腫瘍)であることが判明し、そのペットが約1ヵ月後に亡くなったケースで、治療義務違反や説明義務違反が認められた例もあります。
そして、動物病院に義務違反が認められた場合、義務違反と因果関係が認められる損害について、賠償請求をすることができます。
例えば、治療費、慰謝料、弁護士費用などを請求することができます。

(本件についての対応)
本件では、10年以上も飼っていたとのことですから、飼い主の方には相当な愛着があったかと思います。
動物病院に法的責任が発生するかについては、亡くなったペットは何か病気に罹っていたのか、病気に罹っていたとしてそれが死因なのか、亡くなった当時本件犬の平均寿命を超えていたか、診察を受けた時点で医師が病気を見落としていたといえるか、といった点が問題となります。
また、実際に動物病院に対して法的責任を追及することができるかどうかは、それらの点について、資料や証拠が存在するかにもよります。一度専門家に相談されるとよいでしょう。



Q&A その他TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分
携帯QRコード
携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved