トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



成年後見人とは

 


私と同居する85歳の父親が数年前から認知症を発症し、これまで面倒を見てきましたが、私の顔も分からないほど症状が進行しています。父は、資産家で悪徳商法などにより資産を費消しないか心配です。最近、近所の人から私が成年後見人になったらどうかと言われましたが、成年後見人とは一体どのようなことをする人なのでしょうか。






認知症や障害により、1人で預貯金を引き下ろせなかったり、悪徳リフォーム業者等に騙され、支出する必要の無かったはずの高額代金を支払うような、自分の行為の結果を判断する能力を常に欠き、適切な社会経済生活を送ることが困難と思われる人を法的に保護する制度を、成年後見制度と言います。

成年後見制度を利用するには、申立権者が、成年被後見人となる本人の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、後見開始の審判を申し立てることが必要です。申立権者は、本人、配偶者、4等親以内の親類などと法律上されています。
家庭裁判所は申立てを受けると、医師などによる本人の精神状況の鑑定、医学的な見解を参考にしたうえで、本人や家族の意見も聞き後見開始の審判を判断します。
開始の場合、本人は成年被後見人となり、成年被後見人の財産を管理し、財産上の行為を行うべき成年後見人が選任されることになります。
成年後見人には本人の家族が多いのですが、親族間紛争や権利関係が複雑化している場合等は、弁護士や司法書士等の第三者が選任されます。

成年後見人には、成年被後見人の行った財産上の行為を取り消す権限が付与され、悪徳商法に引っかかった場合や不必要な高級品を買ったような場合、これを取り消し、支払った金銭等を取り戻すことができます。
成年後見人の仕事は、成年被後見人の財産を調査、財産目録を作成して、今後の成年被後見人の生活方針を立て、裁判所に報告することです。
第一回目の報告後、成年被後見人の収支を管理、帳簿に付け、適切に財産管理をしていきます。また、施設入所契約等を締結する場合は、成年後見人が代わって契約を締結します。
このように、成年後見人は、財産を一手に管理しますが、決して自らの私利私欲のために費消することは許されません。また、その仕事は原則として、成年後見人が死亡するまで続き、定期的に裁判所に対して業務の報告を行うことが必要となります。

質問者の場合、父との関係に問題が無く、他の親族が反対の意見を述べない場合、質問者が成年後見人に選任される可能性が高いと思います。ただし、成年後見人には、大きな権限と責任が同時に付与されますので、選任されたのちは、父のために適切に財産を管理し、満足の行く余生を過ごせるよう、意思を尊重してあげてください。



その他のご相談 TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved