トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



保証人とは

 

「保証にはいろんなものがあるようですが、法的にはどんなものでしょうか。」




保証という言葉は、よく使われる言葉です。しかし、その意味するところは様々ですので要注意です。
第一に、「あの人は間違いない人間です。俺が保証する」と言う言い方。この場合は法的な意味はまったくありません。
「間違いない」と言いながら、実際にその人が間違いを起こした場合には、「ごめんなさい。俺の人間の見方が間違っていた」という一言で済む話です。



 

「法律的な保証とはどのようなものですか。」




「連帯保証」と単純な「保証」について、よく理解していない人がいるようです。
まず、一般的に、お金を借りた借主本人(以下、「債務者」と言います)がお金を払わない場合に初めてお金を支払う義務が発生するというのが保証であると一般的に考えられているようです。したがって、お金を貸した人(以下、「債権者」と言います)が債務者本人ではなく、保証人にいきなり請求してきた場合には、その保証人は、「まず、借主本人に請求してくれ」ということが言えそうです。確かに、単純な保証の場合は、このようなことが言えます。即ち、単純な保証人であれば、いきなり保証人に請求された場合には、
@「まず、借主本人に請求してくれ」、A「借主本人が支払い能力があるかないか調べてくれ」
という2つの抗弁を出すことができます。
法律上、@の抗弁を「催告の抗弁権」、Aの抗弁を「検索の抗弁権」と言います。
したがって、借主本人に支払を請求したけれど、支払能力がなく支払えない場合に、初めて保証人の支払義務が現実化するということになります。
しかし、一般の世の中で、このような単純保証というのは通常ありません。通常は、連帯保証という保証の種類になっています。この連帯保証というのは、先に述べた@催告の抗弁権、A検索の抗弁権のいずれも認められていない保証です。したがって、債権者からすると、債務者に請求する前に、いきなり連帯保証人に請求することができますし、また、連帯保証人は、「いきなり自分に請求するのではなく、借主本人にまず請求してくれ」ということは言えません。のみならず、借主本人が支払能力があったとしても、「まず、借主本人から取ってくれ」とは言えないのです。即ち、連帯保証人になるということは、借主本人とほとんど同一の法的義務を負うことになると肝に銘じておくべきでしょう。



 

「根保証とは何ですか。」




一時期、ある商工ローンが根保証契約を多用していたということで社会問題になりました。根保証という保証の種類について説明します。
根保証とは、AさんがBさんにお金を貸すときにCさんがその保証人となった際、通常は、一度だけの貸借(金銭消費貸借契約)になるのですが、一度ではなく、その貸借が繰り返し繰り返しなされるような場合に一定の金額(例えば5000万円)を限度として保証人になるというものです。
したがって、AさんがBさんに金銭の貸借を繰り返し、その金額が5000万円に達するまでは根保証人であるCさんはその保証債務を負うというものです。
裁判などで、よく「根保証という言葉の意味を知らなかった」という主張が為され、「自分は5000万円まで保証する責任がない」という主張がなされることがあります。確かに、一般的に「根保証」という言葉は耳慣れない言葉です。しかし、「根抵当権」という言葉もあるくらい、「根」という言葉は一定の範囲まで包括的にという意味を含んでおりますので、根保証という契約には充分注意をする必要があります。



 

「身元保証人とはどんなことですか。」




身元保証契約とは、使用人が将来仕事中に不都合な行為をして雇主に損害を与えた場合に、その損害賠償債務を保証するための契約です。
これについては、身元保証契約に関する法律という法律が定められております。単なる道義的意味での保証ではなく、きちんとした法的効力の発生する契約です。
身元保証契約は、雇主側からすれば、その使用人が働いている間、継続的に保証させようとするものですから、その契約がかなり長期に亘るおそれがあります。また、使用人としては、雇ってもらうために保証人にとって不利な内容でも締結せざるを得ないことなどから、保証人の債務の内容がはっきりしないことなどから、その内容を合理的に限定すべきであると考えられております。
身元保証法によると、@保証期間は5年を超えることができず、特約がなければ普通は3年となる。A使用人に不適任・不誠実な行為があったり、任務・任地の変更があったりして保証人の責任が具体化し、または加重化される危険があるときは、雇主はその旨を保証人に通知しなければならない。B保証人の責任の有無や限度を決めるときは雇主の過失の有無その他一切の事情を考慮する、と定められております。
金額については、限度をもうけていなければ無制限ということになります。したがって、例えば、使用人が会社のお金を5000万円使い込んだというような場合を考えれば、その5000万円についてまで責任を負わなければならないということになります。
この身元保証契約にもとづく身元保証人の責任というのは、極めて大きく、また、長期間に亘るため、簡単に身元保証人になるのは要注意です。



 

「保証人になることは慎重にした方がいいのですね。」




私が大学生の頃、民法の先生から言われて未だに記憶に残っていることがあります。それは、「保証人には絶対なるな!」という言葉です。世の中には安易に保証人になる人がいます。しかし、債務者本人が自分の血の繋がった身内であるとか、配偶者である場合は別にして、それ以外の場合は、よっぽど強い信頼関係が無ければ、保証人になるべきではないでしょう。現実に保証人になり、保証かぶれで会社を潰したり、自己破産、一家離散というひどい目に遭っている人を、これまで幾多と見てきました。
「そんなこと言っても、商売上のつきあいで保証人にならざるを得ないのだ」とか、「断り切れないのだ」という人がよく保証人になっています。確かに、人がいい人が保証人になることが多いのでしょう。しかし、保証人になれば、あなた自身が莫大な負債を負わされてしまうということも十分に念頭に置いて、「そのような状況になってもやむを得ない」という覚悟を持ったうえで保証人になるべきでしょう。
よく講演会などで私は言います。
「もし、保証人になってくれと言われてどうしても断れない場合は、その100分の1でもいいからお金をあげなさい。例えば、1000万円借りるのに保証人になってくれと言われた場合は、10万円をあげなさい。そして、これは戻さなくてもいいから保証人は勘弁してくれ、という方が、むしろ後腐れ無く、恨みも残らない」
と。どうか、保証人の危険性を十分に認識して下さい。


その他のご相談 TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved