トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



境界線について

 


隣家の樹木や枝が伸びてきて、私の家の敷地にまではみ出しています。
毎年、落葉の時期になるとものすごい量の落葉が私の庭先に溜まってしまい掃除が大変なのです。また、樹木の根が隣家との境界にあるブロック塀の下から私の庭先にまではみ出してきて、土地がでこぼこしている状態です。いつも根っこに足を引っ掛けそうになり、大変です。
私の敷地の上にはみ出しているのですから私の方で枝や根を切ってしまってもよいでしょうか?







ご近所との境界線を巡るトラブルは一見些細な揉め事のように見えても、ひとつ交渉・処理の手順を間違うと後々まで深い禍根を残しかねませんから、まずは冷静かつ慎重な対応をとられることをお勧めします。
さて、隣家の樹木の枝や根が自分の敷地内に伸びてきて困っているということですが、この場合の法律関係については「民法」に条文がありますのでご紹介します。

民法233条「竹木の枝の切除及び根の切り取り」を見てみましょう。同法1項は、「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その枝を切除させることができる。」と定めています。つまり、隣の庭先から伸びてきた枝が自分の敷地にまではみ出ている場合は、敷地の所有権が侵害されていることになりますから、木の所有者にはみ出している枝部分を「切除させる」ことができるわけです。あくまでも、「切除させる」ことができるだけですから、相手方に無断で枝を切ってしまうことは出来ません。相手方がどうしても切除に応じなければ、裁判手続きを経て強制執行することになります。
もっとも、どのような場合でもはみ出した枝の切除を要求できるかと言うと、そうではありません。裁判例によると、枝がはみ出していることにより落葉被害などの何らかの被害が生じていたり何らかの被害が生ずる恐れがあることが要求されています。

根については、同法2項が、「隣地の竹木の根が境界線を越える時は、その根を切り取ることが出来る」と規定していますから、はみ出した根は自分で切り取ってしまうことが出来ます。ただし、いくら法律があるからといって、本当に隣家に無断で根っこを切り取ってしまったりすると、無用な紛争の原因ともなりかねませんので、まずは穏便な話し合いを申し入れることをお勧めします。



その他のご相談 TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved