トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



架空・不当請求について

 


突然、あるサイトを使用したとして、高額な請求の電話が来ました。どうしたら良いのでしょうか。







今回は、インターネット等を利用した際に、架空請求や不当請求をされた場合についてお話しします。
突然、携帯電話や自宅の電話に身に覚えのない会社から高額な利用料等の請求を受けたことはありませんか。
通常、架空請求や不当請求をしてくる場合、情報提供料、違約金等の名目で請求させることが多いです。
上記のような架空請求、不当請求に対して、どのような対応をとればいいのでしょうか。
まず、請求先のサイトにアクセスすらしたことがない場合、つまり全く身に覚えのない場合については、相手方の請求自体が、詐欺等に該当する可能性が高いです。
この場合には、警察に通報してもよいですし、そこまでするのは面倒くさいというのであれば、放置すればよいのです。
次に何らかのアクセスをしていた覚えのある方、この方の場合には対処の仕方が若干異なります。アクセスした場合、契約が成立するか否かが問題になります。
よくあるのが、利用申込みの画面にならず、突然、あなたとの契約は成立しました。などという画面があらわれるケースです。
このような場合には、その契約自体は成立しておりません。きちんと利用申込み画面が出て、その利用申込み画面の構成上、画面上の操作によって契約の申込みをしていることがきちんと認識できる構造になっているかどうかで決まります。
簡単にいってしまえば、このサイトを申し込めば利用料等はいくらかかりますよ、解約する場合にはこのような手順を踏んでください等、細かく契約条件が書かれ、それを納得した上で、パソコンの操作上、契約の申込みができているといえるか否かにより決まるということです。
なお、仮に契約が成立する場合であっても、消費者契約法に反する高額な違約金を請求される場合もあります。
このような場合にも、当然、消費者契約法上の利率(14.6%)を超えて支払う必要はありません。
架空請求・不当請求は今後も無くなることはないと思います。とにかく、架空請求・不当請求をされた場合には、怖くなってすぐに代金を振り込むということはせず、本当に契約は成立しているとしても請求額は妥当なのか、と一度冷静になって考えるべきでしょう。



その他のご相談 TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved