トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



有給休暇について




先日、会社に有給休暇を取りたいと話したのですが、「忙しいから無理だ」と言われました。友人と旅行に出かける予定だったのですが、断念せざるをえなくなりました。はっきり言って、そんなに忙しい訳でもないですし、私の代わりの人もいます。有給休暇は自由に取れないものなのでしょうか。







休暇の中には、法律の規定で定められた法定休暇と就業規則等で定められた会社独自の休暇の2種類があります。
質問者の年次有給休暇は法定休暇にあたります。これは労働基準法第39条で定められています。
年次有給休暇は、6ヶ月間継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤することで発生します。
たしかに、年次有給休暇は発生すれば権利として認められるものですから自由に行使できるかに思えますが、そうかといって、いつでも自由に取れるものではないとされています。
年次有給休暇は、権利として労働者に帰属しており、労働者には年次有給休暇を取得する時季を指定する権利(要は、いつ有給休暇を取りたいか指定すること)が認められるのですが、それには、条件が付されており、「労働者が指定した日の就労義務が使用者の適法な時季変更権の行使がない限り」免除されるという形になっています。つまり、使用者にも時季変更権の行使(要は、その日は会社の事情からどうしても勘弁してくれということです)が認められているのです。
では、使用者側の「適法な」時季変更権というのは、いかなる場合に認められるのでしょうか。
時季変更権を行使するには、「事業の正常な運営を妨げる場合」でなければなりません。
裁判例をみると、「事業の規模、内容、当該労働者の担当する作業の内容、性質、作業の繁閑、代行者の配置の難易、労働慣行等諸般の事情を考慮して客観的に判断すべき。」とされています。

今回の質問者のケースでは具体的な事情は分かりませんが、会社が代行者を準備できるにもかかわらず、何ら準備しないで拒否した場合や、例えば、質問者が忙しい部署に属していないにもかかわらず、他の忙しい部署の従業員に気をつかって有給休暇を取らせない場合などは、時季変更権の行使としては適法とは言えないでしょう。
今回の質問者のケースでは、質問者の話す内容が事実であれば、到底、時季変更権の行使として適法とは言えないでしょう。
ちなみに、年次有給休暇の権利行使の目的は自由ですから、旅行等が理由であっても何ら問題はありません。また、年次有給休暇を取ったからという理由のみで不利益な取扱をすることも出来ません。



その他のご相談 TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved