トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



遺産相続の寄与分について




母は父が死亡した後、10年間闘病生活を送った後に死亡しました。その間、母と同居していた私や私の妻がずっと母の世話をしていました。相続人は私と兄だけですので、2人で父の遺産相続の話合いをしています。人に聞いたところによると、私には「寄与分」というものがあるので、これを前提として相続分を決めるべきだと言われました。寄与分とはどのようなものですか?







「寄与分」とは、被相続人(本件では母親)が財産を維持したり増加したことに特別な尽力をした相続人に、遺産のうちの相当額の財産を相続分以外に得させる、その取得分です。
あなたは、母親の長い療養生活の間に、母親と同居して世話をしたとのことですから、相続人として、その世話により出費を免れた療養費等を母親の財産から、相続分以外に取得することが出来ます。これがあなたの寄与分です。あなたを含めた全相続人は、この寄与分を控除した残りの遺産を相続分に従って分けることになります。
寄与分は相続人のみが主張できるのですが、あなたの奥さんの寄与分については、あなたの親族の寄与ということで、あなたの寄与分に含めてこれを主張することが出来るとされています。しかし、あなたの奥さんが自分の寄与分として主張することは出来ません。また、あなたの子どもなどの寄与分についてもこれらと同様のことがいえます。
寄与分を認める趣旨は、相続人間の実質的平等を図るためです。
寄与分を主張できる者を相続人に限るかどうかですが、相続人以外の者を入れると、その者が遺産分割の話合いに加わることになり、その話合いが複雑になって問題が多くなることなどのため、法律は相続人に限ることにしました。
したがって、相続人の配偶者や子ども等の寄与があっても、これらの者は寄与分の主張が出来ません。しかし、寄与者が相続人の親族であるような場合には、衡平の見地から、その相続人自身の寄与として認めるべきであるとの考え方があったところ、現在ではこの考え方が一般的です。ただし、相続人となるべき者が死亡しているような場合には、その配偶者は寄与分の主張ができないことになります。
したがって、このような場合は、被相続人予定者(本件では母親)に「遺言」を書いておいてもらっておくのがよいでしょう。


 ≪遺産分割の減少を防ぐ方法について 連帯保証人相続について≫ 
相続のご相談のページへ
相続問題Q&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)  地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分 

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分  

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved