トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク



遺産分割について

 1


親族が鬼籍に入って相続が開始したのですが、相続人の人数が多くて遺産分割の話し合いがまとまりそうにありません。それどころか、相続人と思わしき人物の中には、もう何年も音信不通で一体どこに住んでいるのか分からない人もいます。そもそも相続人全員が集まって話し合いができる状態ではなさそうなのです。
遺産分割は、相続人全員で協議して行うのが原則だとか聞いたことがありますし、遺産分割の裁判をするにしても相続人の居所が分からないようだと一体誰を相手にしてよいものやら。
相続人の中に行方不明者がいるような場合、どうしたら遺産分割について協議が始められるのですか?もしかして、不明者が見つかるまで遺産分割の協議や裁判はいつまでもできないのでしょうか?







相続関係が複雑で相続人が多数存在するような場合は、共同相続人の中に行方不明者がいるケースも珍しくはないでしょう。従来の生活の本拠などを人知れず離れてしまってそう簡単には帰ってくる見込みがないような人のことを法律上「不在者」(民法25条1項)と呼んでいます。
不在者については、不在者財産管理制度という制度があり、利害関係人は、家庭裁判所に対して不在者の相続財産などを管理する財産管理人の選任を請求することができます。あなたのような共同相続人は利害関係人の典型と言えるでしょう。
一定の要件を満たせば家庭裁判所によって不在者財産管理人が選任され、財産管理人は不在者の財産を管理する権限を与えられますので、この財産管理人を相手に遺産分割協議などを行えば良いわけです。
ただし、遺産の分割は不在者の財産を処分してしまう重大な行為ですから、不在者財産管理人が遺産分割の協議を成立させるには、家庭裁判所の許可手続きが必要です。





 


その他の方法は?







行方不明期間が相当期間に亘る場合には、失踪宣告制度(民法30条)を利用することも考えられます。失踪宣告とは、不在者の生死が「7年間」不明である場合や船舶事故等の災害に遭遇した人の生死が「1年間」不明である場合に、家庭裁判所の宣告により、その不在者を「死んだもの」として扱う制度です。法律上死んだものとして扱われますから、遺産分割協議なども不在者の相続人などを相手に行えばよいわけです。

余談ですがこの間、高崎山のボス猿・ゴルゴが「1ヵ月半」行方不明になり、サルの世界の失踪宣告でボス猿の地位を失いそうという記事を目にしました。専門家によると、猿の世界では、概ね「1ヶ月間」餌場に姿を見せないで行方不明になると、死んだものとみなされていわゆる「相続」が発生するそうです。人間の失踪宣告期間(7年間)に比べると、随分短くて厳しいですね。


 ≪相続人排除について 廃除について≫ 
相続のご相談のページへ
相続問題Q&A TOPページへ
よくある相談TOPページへ

PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)  地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分 

携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分  

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved