Internet Explorer11で互換表示を有効にする方法

 Internet Explorer11では、以前のバージョン向けに作成されたWebサイトを表示すると、テキストや画像が正しい位置からずれたり、Webページの一部が空白になったりするなど、正しく表示されないことがあります。

この場合、互換表示を有効にすることで、以前のバージョンのInternet Explorerと同じように表示できます。

任意のWebサイトの互換表示を有効にするには、以下の操作手順を行ってください。


1. Internet Explorer11で、互換表示を有効にしたいWebサイトを表示します。
古庄事務所のサイト
今回は、古庄事務所のサイトから入ってますので、このまま2へ進んで大丈夫です。
 

2.ツールボタンをクリックし、表示された一覧から「互換表示設定」をクリックします。
ツールメニュー
右上の閉じるボタンの下にあります。

一覧にない時は、上部のメニューバーのツールをクリックすると一覧に表示されます。

ツールメニュー
 

3.「互換表示設定」が表示されます。
互換表示設定

 「追加するWebサイト」ボックスに該当するWebサイトのドメイン名「kosholaw.com」が表示されていることを確認したら、「追加」をクリックします。

 もし他にも同様に有効にしたいサイトがあれば、そのサイトを開いて同様の手順を行えば大丈夫です。

 

4.「互換表示に追加したWebサイト」ボックスに該当するWebサイトのドメイン名が表示されていることを確認したら、「閉じる」をクリックします。

以上で操作完了です。


互換表示を有効にしたWebサイトを開き、正常に表示されるか確認してください。


※互換表示を無効にする場合は、「互換表示に追加したWebサイト」ボックスから無効にしたいWebサイトをクリックし、「削除」をクリックします。

戻る